先日、テレビの通販番組を見てて、とても気になる包丁を発見

生のカボチャの硬い皮がサクサク切れたり、アボカドを切るのだって種までスーッと切れちゃう脅威の包丁

しかも、この包丁、硬い食材ばかりでなく潰れやすいトマトや柔らかい食パンまでもが難なく切れるという優れものの包丁

商品名はスーパーストーンバリア包丁という名前の包丁で岐阜県の関市で作られているメイド・イン・ジャパンの良く切れる包丁





楽天の公式サイト内では動画でも、その鋭い切れ味が再現されていますので一度、ご覧になってください。

関市の刀鍛治のことを関鍛治といい伝統を受け継いだ職人の手作業による仕上げは圧巻の切れ味

コンピューターによる1/100mmまでの研削精度と最新技術のストーンバリアでコーティングしている。

伝統+革新技術の結晶がスーパーストーンバリア包丁


スーパーストーンバリア包丁 4つのポイント

1.高密度特殊6層コーティングで食材が離れやすくサビにも強い

2.刃の入りが滑らかで切れ味バツグン、持続性があり研ぎ直しも容易

3.コンピューターによる数値制御で計算された刃の薄さ

4.調理後のお手入れが簡単すぎるストーンバリア


持ち手の柄の部分には積層強化木を使用し高級感があり手に優しい持ち手になっている


スーパーストーンバリア包丁 種類

・ 牛刀 180mm
・ 三徳 165mm
・ 小三徳 130mm
・ ペティ 130mm


スーパーストーンバリア包丁 寿命

切れ味バツグンのスーパーストーンバリア包丁ですが気になる切れ味の寿命は約三か月ほどで低下しているようです。

包丁を使う頻度によっては切れ味に差があるので一概には言えませんが口コミを見ていると三か月くらいで切れ味が気になる人が多いようです

ただ専用のシャープナーで研ぎなおすと切れ味は復活しますのでスーパーストーンバリアシャープナーも併せて買っておきましょう

包丁を使う注意点としては酸性食品のレモンや塩分を含む漬物を切った時はサビの要因になるため中性洗剤で十分に汚れを落とす必要があります。

これはスーパーストーンバリア包丁にハマグリ刃を採用しているためだそうです。


楽天 → 【コパ公式】スーパーストーンバリア包丁 牛刀 180mm


アマゾン → スーパーストーンバリア包丁 (牛刀180mm)