おしゃれなキッチン収納やインテリア選び

リビングやキッチンをオシャレにするならこのサイトがお勧めです

長持ちするスポンジ






キッチンスポンジはいつも、どのメーカーのスポンジを使っていますか?

100均で安いのを使っているよ~とかホームセンターでまとめ買いしているよ~、などキッチンスポンジにあまり、こだわりが無くただ「安い」だけで選ばれている方も多いみたいですね。

では、そのキッチンスポンジの機能性やコスト面は本当にお得でしょうか?

〇 泡切れが良くないので、いつまでも水で洗っている

〇 泡立ちが良くないので洗剤の量が多くなる

〇 すぐにヘタってしまうので3-7日くらいで取り替えている


洗うものにもよるのですが、100均などで売られているキッチンスポンジは概ねこのような機能性ではないでしょうか。

私も最初は100均の3個入れパックをまとめ買いして使っていたのですが、このダスキンスポンジに出会ってからはキッチンスポンジの概念が根本から覆りました。

価格は決して安いものではないのですがダスキンスポンジを使ってみると・・・

〇 泡切れがイイのでススギが早い

〇 泡立ちがイイので洗剤の量が減った

〇 スポンジがヘタらないのでスリ切れるまで使っている

今、現在キッチンで使っているダスキンスポンジはいつから使い始めたのが分からないくらい数週間~数か月、使い続けています。

スポンジの裏側はさすがに擦り切れてきています(笑)

でも、こんなに使い続けていてもキッチンスポンジとしての機能が失われていないので翌月も使えそうです。

コスパが本当にイイということは100均でまとめ買いすることでもなく、ホームセンターの特売を狙うことでもなく、毎日使っていてストレスなくお茶碗洗いができることではないでしょうか。

機能性はもちろんのこと家計にも優しいダスキンスポンジは、もう一生手放せないかも知れません。

ダスキンスポンジは楽天とアマゾンで扱っていますのでお求めの際は参考に

◆ 楽天 → 【送料無料】ダスキン 台所用スポンジ 抗菌タイプ 6個 セット

◆ アマゾン → ダスキン台所用スポンジ3個入り抗菌タイプS×2セット分



こんな記事も注目

記事 → 飲食店などコスパを考えたときのキッチン洗剤には固形洗剤

記事 → 水回りの掃除が苦手という方におすすめの掃除グッズ

記事 → 酢を使い倒す方法 まとめ

記事 → 時短家事 掃除

記事 → 重曹で掃除 アレスヘルスケア 楽天

長ったらしいタイトルですみません・・・要はダスキンスポンジは長持ち、ということだけが言いたかっただけなんです。


丈夫で長持ち、泡切れが良いので節水にもなるダスキンスポンジ

ダスキンのキッチン用スポンジは100均のスポンジと比べても少し固い気がしませんか

その秘密は大き目の網目の気泡スポンジだから

気泡が大きめなので水洗いした時に泡切れが良く水切れも良くなっています。

また気泡が弾力性を持っているのでキッチンスポンジ特有の「ヘタリ」が無いスポンジになっています。

もう、かれこれ20年以上使っている賢い主婦が多いのもダスキンスポンジの強み

主婦のプロが手放せないキッチンスポンジとして、知らぬ間に水道代の節約に励んでいる結果に驚きます。

ダスキンスポンジに限らずブランド物は「値段が高い」が世の常識ですが、高かろう悪かろうでは誰も見向きもしませんね。

ではなぜダスキンスポンジは愛用者が増え続けていくのでしょう。


◆ 使ってみて分かる、ダスキンスポンジはコスパ以上の結果をちゃんと残してくれるからです


一見、1個約180円ほどと「コスパは良くないじゃん」と思われがちですが、100均のスポンジを1-2週間使うのとダスキンスポンジを擦り切れる寸前まで使うのとじゃコスパは一目瞭然でダスキンスポンジに軍配が上がります。

弾力性のあるスポンジが数か月も弾力性を保ったまま使い続けれるので長持ちするのは当たり前。

また大き目の気泡スポンジなので水の通りも良く水切れも早いので衛生的。

こんな理由からダスキンスポンジは賢い主婦たちから熱烈に支持を受けています。

更に賢い主婦はダスキンスポンジのまとめ買いでコスパもより安く抑えています。


▼ 楽天とアマゾンでダスキンスポンジのまとめ買いがお得 ▼



◆ 楽天 → ダスキン スポンジ 【台所用スポンジ】15個セット(3色パック×5セット) 【 送料無料 】

◆ アマゾン → ダスキン台所用スポンジ3個入り抗菌タイプS×4セット分


▼ こんな記事も読まれています ▼

参考 → ダスキン 3色スポンジ

参考 → パール金属 圧力鍋 フライパン グリルパン 楽天

参考 → 冷蔵庫ポット スリム ガラス製


レビューポータル「MONO-PORTAL」

↑このページのトップヘ